PR

FriendTech(フレンドテック)の注意点

FriendTech(フレンドテック)の注意点 SNS

FriendTech(フレンドテック)の注意点

FriendTechは全て英語であり、英語が苦手な人、仮想通貨を持っていない人、最初から0.01ETH(約2500円)の投資ができない人、絶対に損をしたくない人、金融リテラシーとITリテラシーが低い人にはおすすめできません。

無料での利用は不可能であり、他のユーザーの「Key」を購入すると損失を被る可能性が高く、一瞬のブームで終わる可能性もあるため、期待しすぎないよう注意が必要です。

FriendTech(フレンドテック)はイーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンであるBase上に構築された分散型ソーシャルメディアで、ユーザーは自分の影響力をトークン化してシェアと呼ばれる独自のソーシャルトークンを発行・販売できるが、注意点としてはトークン価格が市場の需給によって変動するため価格の急落リスクがあり、またETH(イーサリアム)の価格変動にも影響されます。

まだリリースされたばかりなので、バグやセキュリティ上の問題が発生する可能性があります。また日本のインフルエンサーの偽物や詐欺もあります。

FriendTechは最近$1.4Mの手数料を生み出したと報じられており、有名人の変動性に依存するプロジェクトであるとも言われています。

FriendTechは総ロック量(TVL)が$20Mに達するなど急激な成長を見せているものの、以前は活動と手数料の減少から「死んだ」とも評され、最近では$1.4Mの手数料を生み出すなど変動性が高いプロジェクトであると言えます。

招待制のアプリ

招待制のアプリであり招待権が必要で現在は入手困難な状況であることを理解しておく必要があります。

フレンドテック
先着2名ですが

僕の招待コード
ご自由にお使いください

ft-5chmq645
ft-7l4qwx45

FriendTechで資金を引き出す

FriendTechで資金を引き出す際にはいくつかの注意点があり、特に日本人ユーザーにとっては未知の部分も多いが、資金引き出し自体は「withdraw」ボタンから簡単に行えるものの、メタマスクに資金が表示されない場合があります。

これはFriendTechが使用している「Baseチェーン」が原因であり、メタマスクにBaseチェーンを追加する必要があること、さらにBaseチェーンからイーサリアムチェーンへの資金移動には「ブリッジ」が必要で、その方法には時間がかかるものと手数料がかかるものがあり、急な資金移動の必要性が出た場合にはこれらの手続きを理解しておく必要があります。

FriendTechで資金を引き出す際には、まず「withdraw」ボタンを押してウォレットアドレスと引き出す金額を入力するところまでは簡単ですが、その後にメタマスクに資金が表示されない問題が発生することがあります。

この問題は、FriendTechが使用している「Baseチェーン」というレイヤー2チェーンが関係しており、このチェーンをメタマスクに追加する手続きが必要です。

この手続きを怠ると、資金が表示されずに
パニックになる可能性があります。

さらに、Baseチェーンからイーサリアムのメインネットへ資金を移す際には「ブリッジ」と呼ばれる手続きが必要です。

このブリッジには大きく分けて二つの方法があります。一つはBase公式からブリッジする方法で、この場合は時間がかかるものの手数料はほとんどかからないです。

もう一つは「Orbiter」というサービスを使用する方法で、この場合は手数料がかかるものの時間はかからないという特徴があります。

急な資金移動の必要が出た場合、これらの手続きを理解していないと、不必要な手数料を支払うことになるか、時間を無駄にする可能性があります。

特に、資金の安全性を考慮すると、これらの手続きは前もって理解しておくべきです。

SNS
スポンサーリンク
シェアする
デブッちょ店長をフォローする
サラリーマンの副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました