PR

サンドボックスとは?実は多くの人がよくわかっていない。

サンドボックスとは?実は多くの人がよくわかっていない。 AI

サンドボックスについての最近の動向

最近、サンドボックスに関連する
ニュースが多くなってきたと
感じる人も多いのではないでしょうか。

例えば、
直近で言うと、マクドナルドが
サンドボックスのメタバースを発表したり、
イギリスの大博物館が
サンドボックスと提携したりといった
ニュースが、ここ1週間ぐらいで出ています。

あなたの会社はどうですか?

知らないと損します。
新入社員、学生から、聞かれたら、
説明できますか?

正直自信がないという方も
少なくないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

サンドボックスとは?

Minecraft(マインクラフト)

ざっくり言うと、
Minecraft(マインクラフト)の
別売り版といった感じで、

このあたりの理解が
しっかりしていない方も
多いかもしれません。

ぶっちゃけ、僕と同じ
40代は知っててほしい内容です。

改めて、
サンドボックスとは何か?
10分でお話したいと思います。

サンドボックスに関して
このタイミングで理解して
おきたいという方、
海外の情報も合わせて
ご紹介します。

今日の話の流れは、3つのパートで進めていきます。
1つ目: サンドボックスとは何か
2つ目: サンドボックスの海外ニュースを3つご紹介
3つ目: サンドボックスを含めたブロックチェーンゲームの変貌と個人の楽しみ方

 

スポンサーリンク

■サンドボックスとは何か

————————————————
・初心者の主婦でもわかる説明
サンドボックスは、ちょっとしたお子様の遊び場のようなものですが、コンピューターの中で遊べる特別な場所です。イメージとしては、お子様が砂場で自分だけの城を作るように、このサンドボックスでは、自分だけの土地を持って、好きなゲームや物を作ることができます。

  • 自分の土地を持つ: まるで庭を持つように、サンドボックスでは自分だけの土地を買ったり借りたりできます。

  • 自分のゲームを作る: その土地の上で、お料理をするように、自分だけのゲームや物を作ることができます。

  • 物を売買する: 作った物をお店で売るように、他の人と交換したり売ったりすることができます。

要するに、サンドボックスは、自分だけの特別な場所で、自由に遊ぶことができる楽しいコンピューターの世界です。自分の好きなものを作ったり、友達と交換したりして、楽しい時間を過ごすことができます。
————————————————

・40代の会社員への説明


サンドボックスはイーサリアムの
ブロックチェーン技術でユーザー手動の
ゲームプラットフォームです。

ユーザーはメタバースと呼ばれる
仮想空間上にランド(土地)を購入したり、
レンタルをすることで、
オリジナルの独自のゲームや
アイテムを作成できます。

さらに、ユーザーは所有する
コインとアイテム(NFT)として、
プラットフォームサンドボックス上で
自由に売買することが可能です。

要するに、
仮想通貨メタバースの中に
自分の土地を所有でき、その土地を使って
オリジナルゲームやサービスを
展開できるというのが
サンドボックスの特徴です。

————————————————

具体例としての海外の事例

マクドナルドがサンドボックスメタバースに参入

マクドナルドの香港:
サンドボックスで
メタバースゲームをリリース。

マックナゲッツランドという
メタバースゲームで、ゲーム報酬として
現地のクーポン券や
ゲーム内で使えるトークンNFTがもらえる。

大博物館の提携:
サンドボックス大博物館が
サンドボックスと提携して
メタバース上で博物館をオープン。

この事例を通じて、
企業のマーケティング策としても
サンドボックスの活用が進んでいます。

5年後は、日本の企業でも
当たり前になっているでしょう。

■サンドボックスの海外ニュースを3つご紹介

サンドボックスに関連する海外ニュース

1. サンドボックスでコンピューターがより安全に!

  • 概要: サンドボックスという技術が、コンピューターをウイルスなどから守る力を強くしています。

  • わかりやすく説明:

    • サンドボックスは、まるで子供が遊ぶ砂場のようなもの。

    • コンピューターの中で、怪しいものを砂場に入れて遊ばせます。

    • もし怪しいものが悪さをしても、砂場の中だけで済むので、他の部分は安全です。

引用元リンク: Privacy Sandbox

 

2. 有名な会社もサンドボックスを使い始めています

  • 概要: 大きな会社が、サンドボックス技術を使って、自分たちの大切な情報を守り始めました。

  • わかりやすく説明:

    • 会社の大切な情報を守るために、サンドボックスを使うようになりました。

    • まるで、大切な宝物を金庫に入れて鍵をかけるようなもの。

    • サンドボックスがその金庫で、悪い人たちから守ってくれます。

引用元リンク:Sandbox Technologies

 

3. サンドボックスの技術がどんどん広がっています

  • 概要: これからの数年で、サンドボックス技術を使う会社がどんどん増えると言われています。

  • わかりやすく説明:

    • サンドボックス技術は、今、とても人気です。

    • まるで流行のファッションのように、みんなが欲しがっています。

    • これからもっとたくさんの人が、この技術を使い始めるでしょう。

引用元リンク:Google Blog

サンドボックスを含めたブロックチェーンゲームの変貌と個人の楽しみ方

■サンドボックスとブロックチェーンゲームの最新の変貌

サンドボックスは、ブロックチェーン技術を活用したバーチャルゲームの世界で、プレイヤーが自分のゲーム体験を構築、所有、収益化することができます。以下は、最新の海外のブロックチェーンゲームの変貌と個人の楽しみ方に関連する情報です。

1. 有名ブランドとのコラボレーション

  • マクドナルド: ファーストフードの巨人、マクドナルドがサンドボックスメタバースに参入しました。NFTと暗号通貨の報酬も提供される予定です。

  • CHARLES & KEITH: 高級レディースファッションブランドがサンドボックスと提携し、メタバースに参入しました。

2. 新しいゲーム体験の提供

  • Open Circus: サンドボックスメタバースで魅力的で革新的なゲーム体験を提供しています。

  • Heavy Metal: メタバースへのヘビーメタルの参入が発表され、新しい音楽体験が期待されています。

3. 地域拡大と新しいイベント

  • ドイツ進出: サンドボックスは、ドイツに事業を拡大しました。

  • 月次イベント: サンドボックスは、メタバースでの最新の月次探検を開始しました。

個人の楽しみ方

  • 自分だけの世界を構築: サンドボックスでは、プレイヤー自身がバーチャルの土地を所有し、自分だけの世界を構築することができます。

  • 有名ブランドとの交流: マクドナルドやCHARLES & KEITHなどの有名ブランドとのコラボレーションを楽しむことができます。

  • 音楽とアートの体験: Heavy Metalなどの音楽体験や、Open Circusのようなアート体験を楽しむことができます。

サンドボックスは、ブロックチェーン技術を活用したゲームの世界で、個人が自分だけの世界を構築し、楽しむことができるプラットフォームです。有名ブランドとのコラボレーションや、新しいゲーム体験、地域拡大など、最新の変貌を遂げています。個人のプレイヤーにとっても、自分だけの世界を構築したり、音楽やアートを楽しんだりする新しい楽しみ方が広がっています。

引用元: NFT Plazas

 

 

AINFT
スポンサーリンク
シェアする
デブッちょ店長をフォローする
サラリーマンの副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました