PR

ビジネスに革命!マツコ流13文字で集客アップの秘訣

学び

マーケティングの話しです。

めっちゃ移り変わりの激しい
テレビタレントの中で

非常に高い好感度を保ち続けている
芸能人、マツコ・デラックスさん。

その人気の秘密は

視聴者の心をつかむ”言葉”

にあります。

この人気の秘密を

あなたの経営に
落とし込むことができれば

集客を
増やすことができるでしょう。

では、その

「視聴者の心をつかむ言葉」

とは、具体的に
どんなものなのか?

詳しくご紹介します。

お客さまの心をつかむには
「顧客の欲求を知る」こと
必要不可欠です。

マツコ・デラックスさんが
視聴者の心を
つかんでいる言葉の秘密。

それは…

「13文字の法則」
と言われるものです。

マツコさんのコメントは
すごく短いのが特徴です。

共演者をばっさり切る
トークが大人気ですが、
第一声は短い。

つまり
ズバッと「印象的な言葉」
を言っているわけです。

そして、その多くは
13文字以内にまとまっています。

なぜ、13文字なのか?

それは

人が一度に判読できる文字数は
13文字程度と言われているからです。

それ以上の文字数のものは
文章として読まないと
意味が理解できません。

一発で視聴者の心に入る
メッセージを
打ち出しているのです。

例えば

テレビで
「20代男性のデート未経験者が約4割」
というデータを見たとき

マツコさんは

「モテの地位が下がってきてる」

とコメントしました。

『ひと昔前までは
男性にとって「モテること」は
生活においてとても重要なこと
だったが

今の若者にとっては
モテることは重要ではなくなった』

ということを

「モテの地位が下がってきてる」

という13文字で
ズバッと伝えているのです。

この「13文字の法則」を
あなたのビジネスに落とし込み

Webサイトや広告
プレゼン資料などに
使うことができれば

必ず集客を増やすことが
できるのです。

…とはいえ

「そんな言葉出てこないよ」
「どんな言葉がお客さんに刺さるの?」

といった疑問を持つ方が
多くいらっしゃると思います。

「人が知りたいこと」
「人が欲しいもの」
「人が気になるもの」

を理解できる
マーケティングの“秘訣”3つ
について深掘りして
説明していきます。

マーケティングの“秘訣”3つとは?

❶本当の欲求
❷共感
❸継続的な関係へ

1. ターゲット顧客の「本当の欲求」を理解する

顧客が何を求めているのか、その背景にある本当の欲求を深く理解することが重要です。これは、ただ単に製品やサービスの特徴を把握するだけでなく、顧客がそれを通じて何を感じ、何を得たいと思っているのかを掴むことです。

具体例:

  • 若者がスマートフォンを購入する際、彼らは単に新しい技術や機能を求めているのではなく、友人とのつながりやトレンドを追うことにも価値を見出しています。

2. 「共感」を生み出すコミュニケーション

顧客が自分のことを理解してくれると感じさせることで、信頼関係を築きます。共感を生み出すためには、顧客の立場に立った言葉選びや表現が必要です。

具体例:

  • 「あなたの健康を第一に考えたオーガニック食品」など、顧客の健康や安心感を重視するメッセージは、心に響くコミュニケーションになります。

3. 継続的な関係構築

単発の取引ではなく、長期にわたる関係を構築することが大切です。これには、定期的なコミュニケーションやアフターサービス、顧客の意見を反映した製品改善などが含まれます。

具体例:

  • ニュースレターやSNSを通じた定期的な情報提供、顧客のフィードバックに基づいた製品のアップデートなどが、継続的な関係を育む手段です。

これらの秘訣を
ビジネスに取り入れることで、
顧客の心を掴み、より効果的な
マーケティングを実現できるでしょう。

学び
スポンサーリンク
シェアする
デブッちょ店長をフォローする
サラリーマンの副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました