PR

2027年にはベーシックインカムがデジタル円で実現!しかし、物価上昇との格闘が待ち受ける!

2027年にはベーシックインカムがデジタル円で実現!しかし、物価上昇との格闘が待ち受ける! 学び

えへへ。デブっちょ店長です。

衝撃のニュースが飛び込んできました。
それは、日本でベーシックインカムが
2027年に実現するというもの。

しかも、この給付金は
全てデジタル円で行われるとのことです。

これまで幾度となく提唱され、
しかしながらなかなか実現に
至らなかったベーシックインカム。

その実現の形が
ついに明らかになったのです。

このブログの対象は、①借金100万以上 ②パチ屋で働く従業員で副業を考えている方 ③フリーランスをはじめたい方。失敗を恐れず、お金を増やして、楽しくいきるためのブログです。あなたも「デブ店長」と一緒に、ゆるーく取り組みましょう。借金返済して、収入源を増やしましょう。

※ベーシックインカム(Basic Income)は、政府が全ての市民に対して一定の金銭的な支援を提供する制度です。ベーシックインカムは、受給者の経済的な状況や雇用状態にかかわらず、一定の金額が定期的に支給される仕組みです。

さて、

このシステムはマイナンバーに連動しており、
小額ではありますが、
一人一人にデジタル円として給付されます。

さらに興味深い点は、
この給付金は半年ごとに
未使用分が自動的に
返納されるという特徴を持っています。

つまり、半年間で
使い切らなければ、
自動的に
それは消滅する仕組みなのです。

しかしながら、
このシステムには
大きな課題が
立ちはだかっています。

それは、物価上昇に対して
給付額が増えない点です。

給付金の有効性を考える際には、
その金額が物価上昇による
生活費の増加を
カバーすることが求められます。

しかし、このデジタル円による
ベーシックインカムは、
その点をカバーしていないため、
物価上昇との厳しい戦いが予測されます。

このベーシックインカムの
有効性については、
今後さらなる議論が必要となるよね。

経済の動向、社会の需要、
そして市民の生活水準を
総合的に考え、より効果的な
ベーシックインカムの
運用方法を模索するべきって
考えちゃいます。

日本の経済における新たな激震、
ベーシックインカムの登場。

その先にどのような変化が
待ち受けているのか、
僕たちは続報を
待つこととなります。

どうなるの?

一定の金額を全市民に
無条件で支給するという制度って・・・

貧困の解消や経済の活性化。

ベーシックインカムで、
無料でお金がもらえてラッキー、
働かなくてもいいじゃん、

うれしいって思う方も
いるとおもいますが、

あなた自身の価値や、
生きている意味を感じられず、
うつ病や自殺者が
増えるとも予想されています。

やばいよ

一見、喜ばしいことに思えるけど・・・。

無条件で一定の収入が
確保されるベーシックインカム。

これにより、
「働かなくてもいい」という安堵感を
得ることができます。

しかしながら、その一方で、
僕たちが直面する可能性のある
新たな問題も見過ごしてはなりません。

人間の生きがいや自己価値感は、
金銭だけでは測ることができません。

労働は経済的な必要性だけではなく、
自己を表現し、自己成長を遂げ、
社会に貢献するという重要な手段です。

つまり、働くこと自体が
僕たちの生きる意味や
自己価値感を
形成する一因となるのです。

ベーシックインカムの導入により、
一部の人々が働く動機を見失い、
自己価値の喪失や孤立感に
悩む可能性があります。

これらの問題は、
心の健康問題やうつ病の発生、
さらには自殺者の増加という深刻な
結果を引き起こすかもしれません。

それを防ぐためには、
ベーシックインカムの導入と並行して、
人々が自己の価値を見つけ、
生きる意味を感じられる社会的な仕組みの
構築が重要となります。

これには、教育やトレーニング、
社会活動の促進、
メンタルヘルスへの
サポートなどが含まれます。

それぞれの人が自己価値を感じ、
生きがいを見つけることが
できるような社会を目指すべきです。

経済的な安定をもたらす
ベーシックインカムだけではなく、
人間の精神的な側面にも
焦点を当てた政策の
構築が求められます。

ベーシックインカムが
僕たちに
新たな可能性を示す一方で、
その影響に対する
理解と対策が必要となるのです。

ベーシックインカムが
提供する経済的な安定感は、
一見すれば
「無料のお金」や「働かなくても良い」
という形での楽観的な解釈に
つながるかもしれません。

しかしながら、人間の生きがいや
満足感は経済的な安定だけではなく、
個々の自己実現、
達成感、社会への貢献など、
さまざまな要素によって形成されます。

ベーシックインカムのデメリット

  • 財源問題
  • 働く意欲の低下
  • 不公平感の増大
  • 物価上昇
  • 労働市場への影響
  1. **財源問題**:大規模なベーシックインカムの導入は莫大な財源を必要とします。この財源をどこから捻出するかが問題となり、税金の増税や公共支出の削減など、その解決策には痛みが伴います。

 

  1. **働く意欲の低下**:無条件で基本収入が保証されると、人々の働く意欲や動機づけが低下する恐れがあります。これにより、労働力の供給が減少し、経済活動自体が低下する可能性もあります。

 

  1. **不公平感の増大**:全員に均一な支給額が行われるベーシックインカムは、収入格差が大きい社会では、高所得者にも同額の給付が行われるという事態を招きます。これにより、所得差が大きいほど不公平感を増大させる可能性があります。

 

  1. **物価上昇**:ベーシックインカムにより、一定の消費力が保証されるため、企業が価格を引き上げるインセンティブが生じる可能性があります。これにより、物価上昇が進行し、給付金の価値が相対的に低下する恐れがあります。

 

  1. **労働市場への影響**:ベーシックインカム導入により、低賃金労働者が雇用から離れ、それによって労働市場に影響が出る可能性があります。

 

ベーシックインカムのデメリットはこれらが主なものとして挙げられますが、具体的な影響はその導入方法や規模、社会経済状況などにより大きく変わるでしょう。そのため、ベーシックインカムの導入を考える際には、これらのデメリットを慎重に評価する必要があります。

学び
スポンサーリンク
シェアする
デブッちょ店長をフォローする
サラリーマンの副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました