PR

勉強時間は1日平均6分だけ。

勉強時間は1日平均6分だけ。 学び

総務省の調査によると、

現代の社会人の
勉強時間は1日平均6分だけ。

画像
たった5分

あなたの学びは、何分ですか?

画像
日本は学んでいない

つまり朝活を少しでも
やっているだけで
アドバンテージは大きい!

ましてや、朝活を1時間も
やっている人が
普通から頭1つ
抜けるのも当然。

やっぱり朝活を
やらないという
選択肢はないです。

そしてなぜそうなのか?
それは朝活が多くのメリットが
あるからです。

1つ目。
一日の始まりに
学習や作業を行うことで、
新鮮な心と体で
取り組むことができます。

これは、
めっちゃ効率的に
作業をこなす上で
超、重要な要素です。

また、一日の始まりに
重要な作業を終わらせることで、
残りの一日をよりリラックスして
過ごすことができます。

2つ目。
朝活は集中力を高める効果があります。
朝はまだ他の生活の雑音に
邪魔されることなく、集中して
作業に取り組むことができます。

これは、学習効率を
高めるだけでなく、
頭の中に、より深い理解を
可能にします。

3つ目。
朝活は自己成長と
自己実現につながります。

朝活を行うことで、
一日を有意義に
過ごすための意識が高まります。

自己成長や自己実現に
対する意欲をめっちゃ引き立て、
自己実現の過程を加速します。

このメリットを考えると、
朝活は、競争力を維持し、
自己成長を追求する
現代の社会人にとって、
選択肢というより必然と言えます。

朝しか勝たん!5時起き

毎日の朝活が、
あなた自身のスキルアップと
自己成長を促し、
それが積み重ねることで、
大きな違いを
生み出すことができます。

総務省の調査によると、
日本の社会人の勉強時間が
1日平均6分しかないという
事実は、日本の労働環境と
教育習慣に関して、
重要な洞察を与えています。

ぶっちゃけ
ガチでヤバいと思います。

まず、この統計は
日本の労働時間の長さを
示している可能性があります。

多くの社会人が
労働に多くの時間を費やし、
勉強や自己開発に使える
時間が限られています。

また、長時間労働は
疲労を引き起こし、
勉強や自己開発を行うための
エネルギーや集中力を削ぎます。

満員電車のサラリーマン
疲れ切ってますよね。
多くの人は、なんとなく
スマホで、漫画やゲームしてます。

話しを戻すと、6分。

この数字は教育と学習に対する
一般的な態度を
反映しているかもしれません。

多くの人々は、
教育は学校や大学で完了するものであり、
社会に出れば自己開発や継続的な
学習を必要としないという
誤解を持っているかもしれません。

その理由は、僕がそうでしたw
コロナ前は、残業、残業、残業
忙しいって、言い訳けばっかで

現代の社会は急速に進化しており、
新しい技術や業界の動向を理解し、
最新のスキルを習得することが
必要となっています。

したがって、
継続的な学習と自己開発は、
社会人にとって、マジで、
ますます重要になっています。

平均6分の勉強時間は、
明らかに不十分です。

最後に、朝活のポイントは、

早起早寝をすること!

学校や、親からは
早寝早起が大切って教わったと
思いますが、それ間違えです。

画像
早起早寝

やるべき事は、
早起きからスタート。

そう、早起早寝なんです。

学び
スポンサーリンク
シェアする
デブッちょ店長をフォローする
サラリーマンの副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました