PR

失敗しない!円満退社のコツ10選

失敗しない!円満退社のコツ10選 学び

失敗しない!円満退社のコツ10選

①退職の意思を早めに伝える
②退職の話は直属の上司から
③退職理由は明確に伝える
④引き止め→意志が固いのを伝える
⑤転職先の会社名など言わない
⑥引き継ぎのスケジュールを提案
⑦退社の正式決定まで周囲に言わない
⑧お世話になった人に挨拶する
⑨ありがとうを100回/日伝える
⑩最終日に退職メールを送る

ここから、深掘りして
具体的にお伝えします。

退職の意思を早めに伝える

  • 理由: 急な退職は会社に負担をかけ、同僚との関係も悪化させかねません。

  • 具体例: 退職希望日の少なくとも1ヶ月前、できれば2~3ヶ月前には意向を伝える。

退職の話は直属の上司から

  • 理由: 社内のヒエラルキーを尊重することで円滑な退社が期待できます。

  • 具体例: 上司を通じて人事部に正式な手続きを進める。

退職理由は明確に伝える

  • 理由: 不明瞭な理由は後々のトラブルにつながります。

  • 具体例: キャリアアップやライフスタイルの変化など、具体的かつ前向きな理由を述べる。

引き止めに対して意志が固いことを伝える

  • 理由: あいまいな態度は引き止めを誘発します。

  • 具体例: 退職の意志は変わらないという決意を、礼儀正しく断固として伝える。

転職先の会社名など言わない

  • 理由: 転職先の情報が原因で職場の人間関係が悪化する可能性があります。

  • 具体例: 必要ない限り、転職先の情報は公開しない。

引き継ぎのスケジュールを提案

  • 理由: スムーズな業務引継ぎは後任者との良好な関係を築きます。

  • 具体例: 残された業務のリストアップと、それを引き継ぐための時間的計画を提案する。

退社の正式決定まで周囲に言わない

  • 理由: 情報が錯綜すると職場の秩序が乱れます。

  • 具体例: 上司や人事部との正式な決定後に、同僚への報告を行う。

お世話になった人に挨拶をする

  • 理由: 良好な人間関係は退社後も継続します。

  • 具体例: お世話になった全ての人に直接感謝の言葉を伝える。

ありがとうを言いまくる

  • 理由: 感謝の気持ちは円満退社のカギとなります。

  • 具体例: 日頃からお世話になっている人々に対し、率直に感謝を表す。

最終日に退職メールを送る

  • 理由: 退職の意思を明確にし、清算することで新たな門出を祝福されます。

  • 具体例: 社内メールで感謝の言葉を述べ、連絡先を伝えることで将来のネットワークを保持する。

学び
スポンサーリンク
シェアする
デブッちょ店長をフォローする
サラリーマンの副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました